インナーマッスルを鍛えるにはフラがお勧め!

20151009-napuaokualii-oguchi-7

フラダンスの動きには、我々が普段使わない筋肉を使う動きが多いのだそうです。フラダンスの基本は重心を低くした姿勢なので、腰骨を立て、常に腹筋を使った状態の姿勢で行うダンスとなります。

したがって、フラダンスを行うことによって、いわゆるインナーマッスルといわれる大腿部の筋肉や大腰筋などの体幹の筋肉を鍛えることができるのです。そして、インナーマッスルを鍛えると、体にとってさまざまな効果が期待できます。

インナーマッスルを鍛えることにより得られる効果

姿勢が良くなる

まず一つ目は、インナーマッスルが鍛えられることによって、良い姿勢を長時間保つことができるようになります。

ダイエット効果が期待できる

二つ目は、体幹の筋肉が発達してくると、代謝効率も上がり、脂肪を燃焼しやすくなるために、ダイエット効果も期待できるでしょう。

健康的になる

三つ目は、体幹筋が鍛えられることの効果として、肩こりや腰痛の改善もあげられます。フラダンスの動きは比較的ゆっくりとしたものなので、激しい運動とは真逆のイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、実際はこのように、体に色々なすばらしい効果をもたらしてくれる、インナーマッスルを鍛えるためにはうってつけのすばらしいダンスだということができるでしょう。運動不足に悩む方々に、是非一度、体験していただきたいダンスです。

ABOUTこの記事をかいた人

ウェブスタッフ

ハラウナープアオクアリィのウェブ管理を担当させていただいております、ウェブスタッフです。フラを始めたばかり。自分の勉強も兼ねて記事を書かせていただいております。