東京都内を拠点に全国で活動するフラダンス教室

Hālau Nā Pua O Kūali’i

 090-6721-6080

営業時間10:00~20:00

Home Kapakaの歌詞・意味・背景

投稿日:2016年9月23日 更新日:

私たちがこの「Home Kapaka」を踊るようになったのは12〜3年程前からなのですが、
この曲を習った頃のことを最近色々と思い出す機会があり、たいへん懐かしく思ったので今日はこの曲について少し書いてみたいと思います。

あくまでも自身がハワイの先生やこの曲をレパートリーにしているハワイアンミュージシャンから教えてもらったこと、それに付随して自分で調べたことなどを中心に述べていますので、「こういう説もあるみたい」「こんなエピソードもあるよ」というようなことがあれば是非教えてくださったら嬉しいです。

タイトルの「Home Kapaka」ですが
Home(ホメと読みます)はホーム、自宅とか我が家、故郷などを指す言葉です。
Kapaka(カパカ)は、タバコのハワイ語ですが、O'ahu島Ko'olau山脈の東、Hau'ulaという地域に近い海辺の街"Kapaka(この場合は地域名)"にこの曲の作者の両親の家がありました。

その昔、タバコの栽培が盛んで、それによって経済的にも潤っていた地域であったことから、「Kapakaの街」と呼ばれるようになったのです。

作者の Madelin Kaululehuaohaili Lam( Maddy K.Lam 1910年〜1985年)は、1930年頃から1980年代の初頭迄、作曲、作詞、アレンジと非常にたくさんの名曲を生み出し「ハワイアンミュージックの黄金時代の宝」と呼ばれるような人でした。

幼い頃からMaddyの家庭では音楽はなくてはならないものであり、 Maddyの母はこどもたちの為に歌を作り、父はMaddyにウクレレと年配者に愛されている伝統的なハワイアンソングをたくさん教えて育てたそうです。

そのような家庭環境で育った作者は生涯を音楽と共に過ごしました。一緒に演奏をしている仲間や音楽を教えていた生徒やダンサーたち(フラも教えていたとのこと)をよく家に招きもてなし、楽しい時間を過ごした愛しいHome(我が家)そんな想いからこの曲は誕生したそうです。

Ka nehe o ke kai lana māli
Ke ʻala līpoa e moani nei
波は優しく穏やか
海藻の香りが風に運ばれ漂う

これは2番目の歌詞なのですが、
私の知り合いのハワイアンミュージシャンはこの曲のこの歌詞を歌う時、幼い頃を思い出して「いつも感極まってしまう」と言います。
小さい頃に、この海辺はお祖父様によく遊びに連れて行ってもらった場所だそうで、魚釣りや泳ぎ方などを教えてもらった懐かしい記憶がたくさん詰まっているそうで、歌っていると幼かった自分や若かりし頃のお祖父様が鮮明に蘇って来るんだそうです。

この曲を踊る時、いつもこのエピソードを話すと彼と彼のお祖父様を思い出してしまいます。

A 'ike i ka nani o Kaliuwa'a
Ka beauty a'o Sacred falls ka'u i aloha
美しいカリウヴァ
神聖な滝
私の愛する場所

3番目の歌詞に出てくるカリウヴァというのは滝の名前です。この滝にはたくさんの逸話や神話が残されています。

カリウヴァと呼ばれるようになった由来ですが、「Ka-liu-wa'a」liuは船底の意でwa'aがカヌーの意なのですが、豚の様相をした半神半人のカマプアアが彼と彼の家族の敵から逃げる際に、彼の体を利用して崖を登る時につけた「蹄(ひづめ)の跡」と言われています。

また、この渓谷と滝から流れる小川を「カルアヌイ」と呼ぶ場合もあります。
大きな窪みがカヌーの水抜き穴に似ていることもそのように呼ばれるようになった由来のようです。

カマプアアは、人間の母から生まれたのですが、豚の姿をしていたので生まれた彼を見て一目でクプア(カラクプア、半神半人、霊的な領域に達した人間を超越した存在、魂)だと悟ったそうです。

この場所は古来から非常に神聖な土地柄であり、滝の奥にはヘイアウ(儀式などを執り行う祭壇が祀られていた)があり、その昔は門番(見張り)がいて女人禁制だったそうです。
そして、ここは別の次元の世界への入口だったとも言われていました。(非常に特別な場所であり、限られた極わずかな人間にしか立入ることが許されなかった場所だったようです)

※このSacred falls(州立公園)は1999年に崩落事故以来閉鎖

Ho'i au ia home o na makua
Nanea e hau'oli me na hoaloha...

両親の家でたくさんの仲間たちと過ごすかけがえのない時間、作者の喜びや温かい感情がダイレクトに伝わってくる歌詞。
温かく変わらない愛、穏やかで何より大切なものをこのシンプルな歌詞が教えてくれますね。

一つ一つのバースに色んな表情や背景があって
とても興味深く大好きな「Home Kapaka」
これからも皆で大切に踊っていきたいと思います。

2015年 Aloha Kakou!コンサート

場所:はまぎんホール
Halau:Na Pua O Kualii
Band:Kale O Hawaii

Mahalo.

  • この記事を書いた人
Masae Shudo

Masae Shudo

Hālau Nā Pua O Kūali’iの主宰。フラダンサーとして、またコレオグラファーとしても活動しています。

Copyright© Hālau Nā Pua O Kūali’i , 2019 All Rights Reserved.