東京都内を拠点に全国で活動するフラダンス教室

Hālau Nā Pua O Kūali’i

 090-6721-6080

営業時間10:00~20:00

フラを踊る時に前髪は必ず上げなければいけないの?

投稿日:

タイトル表題にあるようなご質問を、体験レッスン希望者の方から「お問い合わせメール」で頂いたことがあります。

これからフラを習ってみたいな!という方は、普段私たちが気にもしないことを「疑問」に感じたり「不思議」に思っているのだなぁと、気付かされたりします。

「ステージなどでフラを踊る時には、必ず前髪を上げなければいけないか?」

答えはYESです。
しっかり上げて頂きます。

顔の表情が見やすいように

笑顔と言っても、屈託の無い笑顔、優しく微笑むような笑顔、凛とした笑顔など笑顔と一言で言っても、たくさんの心情を含んでいるので、「笑顔」にも種類がありますよね。曲の内容によってダンサーの表現したいことは、表情に表れてくるので、その表情をしっかりと見て取れるよう、前髪で顔の表情を分かりにくくしてしまわない為に、前髪を上げることが求められます。

フラダンサーの髪が長い理由

フラダンサーが、「髪を切る」(前髪含めて)ということについてですが、フラダンサーは皆、髪が長いですよね。ハワイアンの考え方として、髪には霊力(マナ)が宿るとされ、学んだことや知識が蓄積され、ダンサーの集中力を高めていくと言われています。もちろんハワイのダンサーたちも伸ばしっ放しという訳ではなく、ハーラウで年に1〜2回決まった時期に一斉にヘアカットします。クム(フラの指導者)がハサミを入れることもあれば、アラカイ(クムのサポートをしたり、生徒たちにリーダーシップを取る人)が任されたりする場合もあります。

カットした髪は、新たに豊かな髪が育つよう、また新たに知識や智慧が髪に宿るよう祈りを込めて水辺に流したり、ある程度の長さを切る場合には、病により髪が抜け、ヘアウィッグが必要な人たちの為にまとめて寄付したりします。(ヘアの寄付を受け付けている団体があります。最近では日本でもヘアドネーション賛同サロンも増えましたね。)

髪を切るタイミングですが、ステージ前やコンペ、ホイケ(フラの発表会)前ではなく、終わった後に切ります。また、新月の時など月の移り変わりを重んじるハーラウもあります。

余談ですが、カメハメハ一世(1810年にハワイ王国を建国。初代国王)の遺体は、未だに見つかっていません。古のハワイでは偉人の遺体には、強いパワーが宿っているとされていました。墓を建て、何者かに遺体を掘り起こされて冒涜されるのを防ぐ為と、亡骸の爪や髪に宿る神秘的なパワーを利用して、呪いをかけられたりするのを避ける為でもあったと言われています。フラを学ぶ人たちは、伝統や文化、風習の継承者なので、髪を簡単に切ったりは出来ないのです。

以前ハワイで、レッスンを受けている時に「髪の毛は絶対にまとめなさい」と言われたことがあります。「抜け毛でフラ パー(フラをレッスンしていた敷地内)を穢してはいけません。」と。「落ちている髪が自分のものなら持って帰りなさい。」とも言われたこともあります。

また、ハワイアンの友人たちと話している時に、何の気無しに髪が抜けた時に、「絶対にゴミ箱とかに捨ててはダメ」と言われたこともありました。
それ以来何となく、気分的にデパートや外出先の化粧室などに気楽に抜け毛を捨てられなくなってしまいました。

ここまでは、ハワイでのお話しです。

日本ではどうでしょう?

昔より、髪に関しては「自由」な空気になっていると思います。
10年 20年前は、日本でもフラをやっている人は、ブワッーとボリュームのある黒髪ロングの方が多く、一目で「フラダンサーだな」と、分かる人が多かったけれど(自身もですが)最近は少しレイヤーが入っていたり、長さも少し短めになって来ていると感じます。
実際、長過ぎてもアップスタイルの場合は自分で綺麗にまとめにくかったりしますね。
レイヤーも入り過ぎるとダウンスタイルの場合に、ボリュームが出ません。

ある程度、ステージ経験を積んでくると、
大体この程度の長さやボリュームは必要と
適当加減が分かってくると思います。

ヘアカラーも含めて。前髪を作っても、レッスンやステージの時に、キチンと上げてくれれば良いと私個人的には思います。

ただ、ポンパドール(前髪を膨らませて立ち上げる)に出来るくらいの長さは必要です。

中学生や高校生などは特に、長すぎる前髪は、ひっつめるしかないことを嫌がる場合もあります。
流行りの前髪にして可愛いくしたいとか、少しでも小顔に見せたいとか。

日本人女性は、海外の人に比べて特に前髪にはこだわる人が多いですね。

でも、そういう方も残念ながらフラを踊る時にはおでこ全開です。

もちろん「絶対に前髪禁止」などのお教室もあると思いますので、その場合は所属先のお教室のルールに従う必要があります。

フラを始めたばかりの時点でショートカットの方には、シニヨン(お団子)にまとめられる程度には伸ばして頂いています。
ステージの際には、全員同じヘアスタイルにする必要があります。フラの場合は、思い思いの自由なヘアスタイルでステージに!という訳には行かないのです。

フラはステージに立つ全員が気持ちを一つにすることが大切なので、身だしなみも揃える必要があるのです。

  • この記事を書いた人
Masae Shudo

Masae Shudo

Hālau Nā Pua O Kūali’iの主宰。フラダンサーとして、またコレオグラファーとしても活動しています。

Copyright© Hālau Nā Pua O Kūali’i , 2019 All Rights Reserved.